サーファー店長 浦ちゃんの出来事//家族・サーフィン・酒をこよなく愛する 京都伏見在住、酒屋&タバコ屋のおっさん日記です
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/07/04 (Mon) 5月24日その2

13時30分からの手術。朝起きてから何もすることがなく。。。

手術開始1時間前に、付き添いの方はお越しください。

若旦那、母、怪獣の到着を心待ちにしていました。でも到着は13時5分前。。。

かなり不安でした。普段の私なら待ちきれず「まだぁ?!」と何回も連絡したと思いますが、このときは来てくれない事にショックでベッドの中で泣いていました。やっと「ごめん。遅くなって」と母と怪獣が病室に入ってきました。若旦那はあとから「ごめん、ごめん」と。。。正直、切れました!「1時間前に来てくださいって書いてあったやろ!」「何してたん!」といっちゃいました。仕事中だとわかっていても、心細く、涙がこみ上げてきました。

到着した家族をみて、看護師さんも安心したらしく、手術の用意が始まりました。いよいよ時間になりオペ室へ!自分で歩いていくんです。スタスタと!

オペ室の前まで家族は付いてきてくれます。もちろん怪獣も・・・この時私は完全に母乳で育てていたので、怪獣を見るとオッパイが溢れてきました。まさしく胸キュン!オペ室の看護師さんに引き継いでもらい、緑の割ぽう着みたいなのに着替えるとき、恥ずかしながらオッパイとともに涙まで溢れてきました。看護師さんに「大丈夫。安心して。」と励まされながら、これまた自分でオペ室のベッドにあがりました。

いろんなコードの出ている装置を付けられ、点滴をされた後(1度失敗されて痛かった?。麻酔科の先生は上手やから大丈夫って言ってたくせにぃ?)背中に凄く凄く痛い麻酔です。。。それはそれは気持ち悪い麻酔で、腰から下が突っ張って、冷たくて、痛さももちろん、怪獣のことや、なかなか着てくれなかった若旦那の事が頭をよぎり、またまた涙が。。。しとしと。。。悲しく流れました。「安心して、大丈夫よ」と看護師さんが頭を撫でてくれました。それからの記憶はありません。



「浦岡さん?終わりましたよ?」で目覚め、違うベッドに移され、着替えさせてもらい(さすがにこのときは何一つ自分でしませんでした。)涙のオペ室を後にしました

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<アイーダアイダ | TOP | やめてぇ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://surf7010.blog16.fc2.com/tb.php/240-7042fca2

| TOP |

プロフィール

surf7010

Author:surf7010
京都伏見在住 の サーフィン好きの酒屋&たばこ屋のおっさんです。

衝動買い!!

最新記事

カテゴリ

FC2ブログランキング

ポちっと!!

FC2Blog Ranking

ポちっと!!

最新コメント

FC2カウンター

お天気BOX










FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。